長時間労働が原因と認定  病院職員の自殺訴訟、小樽

2019年6月13日 11:00

 北海道小樽市の小樽掖済会病院で2015年、臨床検査技師の男性(当時34)が自殺したのは、長時間労働によるうつ病が原因として、遺族が病院を運営する一般社団法人日本海員掖済会(東京)に慰謝料などを求めた...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧