宮城などで介護モデル事業  7県市、現場の負担軽減

2019年6月6日 10:53

 人手不足が深刻な介護現場の負担軽減などに向け、厚生労働省が本年度、モデル事業として先駆的に取り組んでもらう自治体に、宮城県や熊本県など7県市を選定することが5日、分かった。施設入居者の様子をセンサー...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧