被ばく患者線量測定、除染  基幹施設で初の研修

2019年5月10日 14:43

 量子科学技術研究開発機構は10日、原発で事故が起き被ばくした患者が出たと想定し、医師や看護師らが被ばく線量の測定や除染など治療に向けて必要な措置を学ぶ研修を千葉市の同機構内で公開した。研修は、同機構...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧