輸血不足の過失で賠償命令  仙台地裁、国立病院に

2019年4月26日 11:00

 国立病院機構仙台西多賀病院(仙台市)で2008年、中学2年の女子生徒(当時13)が手術後に死亡したのは輸血用血液の準備不足が原因として、父親が病院側に約3360万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧