腎臓病の危険示す目印発見  東北大、予防に期待

2019年4月24日 10:39

 糖尿病患者の中から、後に腎臓病になる危険性が高い人を探す目印となる物質を突き止めたと、東北大の阿部高明教授(腎臓内科)らのチームが23日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。症状が出る...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧