遺伝病の基礎研究容認へ  政府、受精卵ゲノム編集

2019年4月23日 10:30

 政府の生命倫理専門調査会は22日、「ゲノム編集」技術を使って人の受精卵の遺伝子を改変し、遺伝性や先天性の病気の仕組みを調べる基礎研究を容認する報告書をまとめた。「病気の解明や治療法開発につながると考...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

行政 一覧一覧