結石予防、早期発見に期待  尿中タンパク質濃度に差

2019年4月12日 10:43

 腎臓でできた石が尿管などに詰まり、背中の激痛を引き起こす尿路結石。結石患者は、尿に含まれる「インターロイキン4(IL4)」というタンパク質の濃度が、結石のない人よりも低くなっていることを、名古屋市立...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧