准教授うつ病発症で和解  四国大が解決金支払い

2019年3月14日 11:14

 長時間労働などが原因でうつ病を発症したとして、四国大(徳島市)の看護学部に勤める女性准教授(48)が大学側に計約2870万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審は、大学側が計1420万円の解決金を支払う内...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧