治療女児死亡で立件へ  福岡の元歯科院長

2019年3月7日 10:28

 福岡県内の小児歯科医院で2017年、虫歯治療を受けた女児(当時2)が局所麻酔を使用後、低酸素脳症で死亡し、県警が業務上過失致死の疑いで元院長の男性を立件する方針を固めたことが6日、捜査関係者への取材...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧