医療事故で1000万円賠償へ  名古屋市、脳機能に障害

2019年2月12日 14:56

 名古屋市は12日、市立西部医療センター(同市北区)で2016年1月、当時60代の男性患者が気管切開後、チューブにたんが詰まって一時心肺停止となり、話がしづらくなるなどの高次脳機能障害が残る医療事故が...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧