職員結核後、18人感染判明  長崎の病院

2019年2月6日 14:41

 長崎市の病院「長崎みなとメディカルセンター」は6日、昨年11月に看護補助員が肺結核と診断され、発症後に接触した可能性のある患者らへの検査を実施した結果、18人が感染していたと明らかにした。発症者はい...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

地域 一覧一覧