ラット体内でマウスの腎臓  受精卵にES細胞注入

2019年2月6日 10:55

 さまざまな組織に変化する「万能細胞」の一種の胚性幹細胞(ES細胞)を使い、ラットの体内でマウスの腎臓を作ることに成功したと生理学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが6日付の英科学誌電子版に発表し...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

前のページへ戻る

団体・学会 一覧一覧